title

未分類

101219a

オープンしました。

19.12.2010 in 未分類

101219a 本日、19日11時に無事にカフェ・ラプがオープンしました。

ほんとはちょこちょこ更新して、今こんな感じですとかしようと思っていたのですが…あまりの忙しさに。。。すみません、言い訳です。

でも、無事にこの日は迎えられて、僕たちは忘れられない1日となりました。

101219b 昨日はさっそくの大嵐で、雪がすごいことになりましたが今日はとても穏やかないい天気。ガラス窓の多いこの店は、とても暖かくてホッとしてしまいます(僕はいつも半袖のTシャツにベストを着て過ごしているくらい)。

101219c_2 今日のおやつは、マウンテンバーとかぼちゃのチーズケーキ。

ガラスケースの中に入れると、おまわず食べたくなるのはどうしてでしょうか?

101219dお店の中には友人の占冠村在住の写真家、門間さんの作品を展示販売したり、木のおもちゃや本をゆっくり読めるソファーと、とにかく自分たちの好きなものに囲まれているのです。

101219e 自慢のランチプレートには、今回しもかぽ工房に依頼をして、木の大きなお皿をお願いしました。

木の器で食べる。

ただ、僕らが好きなので…

一つ一つ手作りのこの大きなお皿、木目も一つ一つ違ってて、それがまた良い感じです。

101219f もう一つのランチメニューは、「ビーフシチューのライスグラタン」。

6時間以上かけて煮込んだ、牛肉がトロトロになっていて、さらにオーブンの中でチーズとトロトロになって、それはもうアツアツがほろほろでとろとろな感じで、美味しすぎます。

ひとまず、今日はこんな報告ですが、カフェ・ラプは3月末までトマムリゾート内ポーラービレッジ横で営業していますので、何卒よろしくお願いします。

no comment
101124b

raplog 3

24.11.2010 in 未分類

101124b カフェの厨房を合間を見て使っています。実際に使いながら、準備をススメテ行く作戦です。

今日は皆さんお待ちかねしてると嬉しいジャムの仕込みをしてました。

甘い香り、可愛い色、1年の中で一番赤いに囲まれる時期です。

101124 今年のラベルはみんなが大変気に入っているRAPの羽を使い、K’S kitchenのダブルネームで作ってみました。

アカネのジャムの詳細はまもなくです。

no comment
101121c

raplog 2

21.11.2010 in 未分類

101121cはじまった「cafe RAP」の準備をゆるゆるとしています。

今日は、届いたばかりのマグカップを箱から出して珈琲入れたり、ココア入れたり…

寒い冬をほっこり温めるのが使命ですから、温かいドリンクはかなり気合入れないと。。。僕はここ1か月マサラチャイの研究のしすぎで、インドにも行ったこともないのにきっとインドではこんな感じなのかもと妄想だけを膨らましています。

101121b
日曜日だったので家族みんなで準備をしてました。ヒジリは木のおもちゃのディスプレイをしてるのですが、飾り付けているのか、遊んでいるのか…

ガイドスタッフのタイチは窓ガラスをピカピカにしてくれたり、あと本も置きますよ。家にある「森・雪・北」とかテーマにした我が家のとっておきの蔵書も並べるので、だいぶゆっくりできることと思います。

101121a
話は変わって…

以前よりこの時期に取り組める何かをずっと探していました。夏の仕事が終わり、時間はけっこうあるので何か楽しみ無いかなと思っていたのです。雪はまだ無いので滑るのは早すぎるし、ドライスーツ着て冷たい川でカヤック乗るほど気合も無いし。。。ということでたどり着いたのが湖での「イトウ釣り」です。

以前よりこの時期の「かなやま湖」のイトウについては熱く語っていた友人のモーターボートに乗せてもらい僕もついにかなやま湖のイトウに会うことができました。

もっぱらの目標はカヌーでデカすぎるイトウを釣る。そして、あまりの大きさに引っ張られてカヌーから落っこちそうになる。こんなことを考えている晩秋のかなやま湖です。

がしかし、雪さっぱり降らないなぁ。

3 comment
101115a

RAP Project

15.11.2010 in 未分類

101115a今冬より始めるリトルトリーの新しいプロジェクト、「カフェ・ラップ」の準備が始まりました。

場所はトマムスキー場内ポーラービレッジ横です。3シーズン前は冬季も営業していたのですが、ここ2シーズンは冬季はクローズのままでした(夏季はゴルフ場のレストハウス・タータンジャンクションで営業中)。

僕もポーラービレッジに関わって10年になるので何かしたいなと思っていたところだったので、僕らの新しい動きとしてはとても相応しいのではと自画自賛。

rapとはアイヌの言葉で羽とか翼とかの意味を持ちます。また空知川のソ・ラプ・チにもあるので何となく決めました。加えて、お店のメニューにはブリトーみたいなモノをだして何でも包んじゃえとかとこじつけたり、パソコンでロゴを書くのが苦手な僕が手書きで書いた羽がけっこう上手くいったりしたりと、要は言葉遊びで深い意味は無いです。ちなみに羽は僕の大好きなイヌワシの初列風切羽をイメージしています。

101115b
初日のお仕事はとにかく掃除です。15年前、帯広の飲食店に勤めていた僕は師匠によく厨房の掃除の大切さを叩き込まれました。ようは厨房の綺麗な店は美味いモノが出るのだと…

15年前の出来事は昨日のこととは思いませんが、何だか一瞬過去にタイムスリップできてとても不思議な気分になれたのです。

冬の間の間借の店ですが、とにかくがんばってみるかと思ってみました。

今日は雪はチラチラ降っていましたが、まだ積るとこまではいっていません。ちなみにオープン予定は来月の19日を予定しています。

写真の黒板は折角なので書いてみただけなので、今はやっていませんのでお間違えの無いように…

プログラムも夕食付の夜のプログラムを始めたりとまったりの冬では無くなりそうな気配です。

お料理の責任者はもちろん「K’s kitchen」です。

今までに積み重ねたキャンプのお料理やお菓子をひょんなことからお店で出せるようになったの若干戸惑っていますが…

ちょこちょこ準備風景をこれから報告していきますね。

ちなみに写真はオープンまではもったいぶって、あえてモノクロで載せていきますので色は想像してしていてください。

3 comment
101101a

アカネとモエレ

01.11.2010 in 未分類

101101a週末は余市までアカネリンゴの買い出し。

生産されている人のお顔見て買いたいとコズエさん。お話に花が咲いているので我が家のリンゴみたいなほっぺたの娘と撮影会をして僕らも楽しむ。

僕自身も銭函の行きたかった餃子屋さんに行けたのが嬉しい。

101101b
キャンプの次の日は先日プロジェクトワイルドの講習会で教わった葉っぱで絵を書いてみたりしたり…黄色い葉は黄色に緑の葉は、赤い葉はと直接画用紙に葉っぱをこすりつけてみると、ちょっとしたクレヨンの出来上がり。これは冬のプログラムでも使えそうなシンプルな遊び。

みなさんもぜひ試してみて…
101101c
モエレ沼公園にも立ち寄りました。

こんな公園、無料ですから札幌はホント素敵なトコだなと感心しっぱなし。

階段といえば、パイナツプルして遊んだり…

次の小さな旅は何処行こうかな。

2 comment
101028a

漕げるまで…

28.10.2010 in 未分類

101028a ゲストのご案内も終了し、片付けもほぼ終了。何をしているかというと、今頃カヌーのトレーニングを真剣にしています。

漕げるまで漕いで、少しでも上手になろうと…今季スタッフは明後日、カヌーのガイド試験なるものも受験するので、それもあって、誰もいない「かなやま湖」で右に行ったり、左に行ったり…

101028b お手本にしているのは、40年も前にできた映像を見ながら、ああでもないこうでもないと行ったりきたり、そしてつくづくカヌーとは歴史のある舟なのだとかみしめています。

遊びというよりは、生活道具や旅の道具として使われていたこの舟を僕らもしっかり伝えなきゃと思っています。

no comment
101022

秋の十勝(僕らだけ)

22.10.2010 in 未分類

101022 秋晴れが続いています。

紅葉も終わりかけといえば、終わりかけなのですが、見方にければとても綺麗で、こんな季節はとてもゆっくりいろいろな感じで案内もできるので、何だか僕らだけで下るのはもったい無い気もするのですが、せっかくなので水の季節を最後まで楽しもうとちょこちょこ、いろんな水に逢いに出かけています。

今日は、十勝川です。

昨年は一度も案内ができなかったのですが、久しぶりに漕ぐとやっぱり良いなとかみしめながら2時間休み無く、チョコレート2片で頑張りました。

101022b 終わって、新得で久しぶりにドライブイン大雪で溢れすぎる「豚丼」を美味しく頂いて帰ってきましたー。

来季は十勝川ありな予感ですね。

no comment
2010092120100921dsc_9412

古いは良いのか悪いのか

15.10.2010 in 未分類

2010092120100921dsc_9412世の中はデジタルという言葉で溢れかえってるよな最近、そんな僕もそこそこデジタル化してました。

テレビやパソコン、周辺機器の環境を変えたりしてたので、ブログの発信も滞っていたのかしれません(あくまで言い訳)。

その反面、アナログ的なものを使いたくなる天邪鬼な自分もいたりします。

最近、父親が使用していたフィルムカメラを勝手に形見分けとして使用しています。中判カメラと言われるこのもの、発売は1969年、僕より少し先輩です。上手く撮れるかなとおそるおそるシャッターを…そういえば、前まではシャッターがキレルとかオチルという表現していたけど、今はあまり言わなくなりましたね。このカメラの場合は、バッシャとオチル感じ。出来上がりはちょっと感動的でした。

40年程前のモノが現役バリバリ、いやそれ以上の感動を与えてくれるって凄いなと…デジタルのものって10年、いやも2,3年で古いから使えないって言われたりするけど、このカメラに関しては古いから使えないってことは全くありません。

このことは、僕らが使用しているカヌーにも同様なことが言えます。何十年も前に出来上がったシェイプのカナディアンカヌー、これまた然りです。

僕ももうすぐ40歳、あの人は古いから使えないって言われるようにしないと…

no comment
Diary0913

この季節がやってきました。

13.09.2010 in 未分類

Diary0913今年もこの季節がやってきました。

毎年、11月頃なのでシーズンを終えたガイドの仲間に逢ったり、これから始まる冬の情報などが得られるのも嬉しいのが、これこれ。

以下は、札幌店のHさんよりの告知になりまーす。

Patagonia PRESENTS 「Banff Mountain Film Festival in Japan 2010」札幌開催のお知らせ

1 「バンフ・マウンテン・フィルム・フェスティバル」とは
   毎年世界各国から300本以上の優秀な作品が応募されますが、そのなかから厳選された作品の数々がワー
ルドツアーとして世界6大陸29カ国で上映されます。日本での開催も年々好評を博し、今秋も8月末から11月まで
全国11箇所(山形県朝日町、乗鞍高原、松本、東京、京都、大阪、新潟県妙高市、名古屋、札幌、福岡、仙台)
で開催いたします。 パタゴニアでは、世界で最も優れたこの映画祭を通じて、自然環境や山岳文化、アウトド
アスポーツの素晴らしさなどをより多くの方がたにご紹介していきたいと考えています。世界各国から集められ
た山岳をはじめとした様々なアウトドアスポーツの楽しさ、厳しさ、美しさ、そして知られざる秘境に住む人々
の生活や文化、大自然の恐ろしさや脆さを、この機会にぜひ身近に感じてください。

2 札幌開催日時
平成22年11月6日(土)
プログラムA:14時スタート、プログラムB:18時スタート 

3 会場
  道新ホール(札幌市中央区大通西3丁目道新ビル大通館8階)

4 チケット
<共通チケット>2.500円(税込)、<シングルチケット>1.500円(税込)
チケットは8月1日(日)より直営店、チケットぴあにて販売開始。
—————————————————————————–
パタゴニア札幌、広報担当 鈴木 ルミ
札幌市中央区南3条西2丁目2-1
Tel:  011-208-5880 (11:00~19:00)  Fax: 011-208-5882
e-mail: [email protected] (※ mktとsapporoの間はアンダーバーです)

もしくは、パタゴニア札幌ストアマネージャー 田部井 茉里まで。
e-mail:  [email protected] (※ storeとsapporo の間はアンダーバーです)

no comment
Diary0907

風ツヨカッタァ

08.09.2010 in 未分類

Diary09079月より再開しています「夕焼けカヌー」。

17時からのこのプログラム、大抵は穏かな夕凪の中、しっとりと行われることが多いのですが…

この日の大気の状態は超不安定。日が沈みかければ、風も収まるかなと横波を受けながら、8人のゲストと共にちょいと遠くに出てみました。

どんどん、風は強くなりました。

とても、漕いで帰れないのでゲストは歩いて、ガイドチームはカヌーを引っ張り、スタートした湾の中へ戻りました。

湾の中で写真撮ったりしてると、さらに風は強くなり強くなり…

ゲストは、横波の水しぶきで顔もお尻もビショビショになりましたが顔はまだ笑っていました。前向きなゲストと共に荒天を楽しみました。

写真を送ってくれた、Kさん、ありがとうございまーす。

1 comment