title

未分類

12041505

モノノ名前

15.04.2012 in 未分類

「なんたってペンギンカールって名前が良いじゃないですか」
「日高のカールを滑るんですよ。しかもペンギン…」
とスキー仲間のNちゃんが誘うので行ってしまいました。カールとは、氷河の侵食によるスプーンでえぐったような地形のこと。有名な七つ沼カールも八ノ沢カールも行ったことない僕が行こうと決めた要因にかなり名前の良さが含まれていました。

名前で決めること、けっこうありますよね…

12041505

しかし、憧れの日高山脈の稜線に上がるとかなり危ないトコロに来てしまったと反省をしながら、あまりの絶景に感動が上回り自分に持ってる引出し使いまくりで進んでいきます。

12041502

アイゼンとピッケルにホントにお願いしますと祈りながら、狭い稜線を突き進みます。この時点ではペンギンカールの名前とか言ってる場合ではありません。

12041503

後ろ振り向いても歩いているとこは、折り紙で言うと山折りの先っぽをずっとです。

12041504

ちなみにこの日は早朝?深夜?3時集合。この時点で歩き始めて5時間程…
しかし、この日高山脈に乗っかっているかと思うと心から来てよかったと思ってしまいます。

12041506

そして、ここがペンギンカール!気持ち良かった!

歩いても歩いても落ちたら死んじゃうトコばかりなのに、ココだけ滑っても良いよと言ってくれた奇跡の場所。しかし、何がペンギンなのかは全くわかりません!

12041507

アルペンスキー1、スノーボード1、テレマークスキー2の4人パーティ。

それぞれ感動のラインを横目に見ながら、帰ります。でも山から降りるのにも5時間程かかりそうです。余裕で歩けるトコは対してありません。「優しさ」はまるで無し。

12041508

スタートし11時間後、山から降りてきました。一緒に行ってくれた仲間にホントに感謝です。

しばらくペンギンは他人の気がしません…

ちなみにペンギンカールとは…

トヨニ岳北東面にある日高山脈最南端のカールの通称です。

no comment
12041001

卒業式も入学式も

10.04.2012 in 未分類

4月も10日。

昨年度から小学校のPTA会長をさせてもらっている僕にとっては、けっこう忙しい春でした。卒業式の祝辞からの入学式の祝辞とこんな僕でもたまには真面目にスーツ来て登壇とかしちゃったりしてたのです。入学式の祝辞はカヌーのパドル持って挨拶しましたが…

そして、夏のHPも更新し少しづつ夏休みのご予約やお問合せも頂いて幸先良いスタートを切っております。

しかし、夏のスタッフがまだ足りないのでそのことでかなり心配していたりしているのですが…

そんなグリーンに向かっている僕ですが、また白いトコにいるのも事実。

12041001

先月、一緒に山に行ったゲストがお友達も連れて再度遊びに来てくれたのでみんなでワイワイと行ってきました。平野部ではさすがに雨も降ったりし、雪山はどうかなと僕も半信半疑でしたが…

12041002

とても良すぎで、ぐいぐい標高上がってしまいました。平日で人も少なく、ノートラックだらけで夏の心配やら何処か吹き飛んでしまうくらい僕も楽しんでしまったのです。そして、気持ちはまだ白いトコに残っているのです。

12041003

本州は少し遅れて桜の便りですが、山についた雪はお花みたいでとても美しかったのです。そいうえば山で会ったおじさんは上野の桜より綺麗だと言っておりました。

明日は北海道も本格的に雨が降りそうです。スキーからカヌーの準備、もうしないといけませんね。

まずは夏のスタッフ探しです。

心当たりある方連絡くださーい。ガイドもカフェスタッフも探しておりまーす。

3 comment
12032301

初めての出待ち。

23.03.2012 in 未分類

アイドル歌手や韓流スターの出待ちや追っかけをしている人たちをテレビなんかで見ることあると、凄い情熱だなぁと他人事としてみていました僕ですが、生まれて初めて「出待ち」をしてみました。森の中で「エゾモモンガ」が巣から出るところを写真に撮りたくて待っておりました。春になるにつれてモモンガの活動が活発になるのと気温も暖かく森の中でじっと待っているのも何とか耐えることもできます…

12032301

辺りが少し暗くなり始めると、モモンガが出てきました。可愛いすぎます。僕はシーンと何にも音のしない森の中で1人、物凄い興奮しております。この喜びこそが出待ちなのかと僕はわかりました。

12032302

成田空港で韓流スターを待ちわびるファンの人の気持ちわかります。できればもっと寄りで写真を撮りたくもなります。今夜は望遠レンズを検索しまくりの僕なのです。

しばらく、この「出待ち」は続きそうです。

no comment
12032001

春?何処吹く風?

20.03.2012 in 未分類

暑さ寒さも彼岸までとは言いますが…

12032001

ここは北海道のとある山。これじゃ完全に厳冬期ですね。何年も前からちょこちょこ遊びにキテクレル仲良しの彼女達がバックカントリーがしたいと遊びにキテクレタのです。なので、罰ゲームではありません。初めてハイクアップし、ほんの少しではありますが気持ち良く滑り、そして温かいスープで一息の写真です。

12032004

ちなみにここで積雪3mあります。そして、今日は昨日から降った新雪だけで50cm以上。フカフカの雪ですがあんまり多くて滑るのも大変。

12032002

とは言っても、強風や寒さや登りの疲れで心が折れそうなったけど初めて自分の足で登った斜面です。とにかく自由に行きましょう!

12032003

4月、時間合えば、また滑りましょう!

こんな感じで日々過ごしております。春以降のHP更新が遅れておりましてすみません。もう少しお待ちください!

2 comment
12031606

とある夫婦の休日

16.03.2012 in 未分類

雪のプログラムも残り僅かとなり、早くも夏のご予約や問い合わせで慌ただしい毎日に過ごしております。春からのHP更新作業もバタバタと行っており、確定申告からなんだかんだと忙しくしてるのですが、せっかくの良い天気が勿体無いので山に向かいました。思えば、二人で山に行くのは今冬初めて…

12031606

下界では雪融け進み春だ春だと言っても、標高高い山はまだまだ雪深い白い森です。気温が暖かくなり、厳冬期には近づけないトコロもこの時期なら平和に近づけるのはこれもまた春なのでしょう。

12031605_2

毎年、この時期になると見たくなるこの景色、家から車で1時間、歩いて40分足らずでこの景色。実はとってもいいトコに暮らしていることを実感できます。

12031604

平日に入る人もほとんどおらず、とにかく静か、とにかく白と青。心も体も真っ白。

12031602

登れるトコまで登って、滑って帰る。そして時々蹲る。こんなことをするだけです。

12031601

さあ!温泉入って帰ろう!

北海道は良いトコです。

no comment
12030701

一瞬、真冬…

07.03.2012 in 未分類

12030701

朝起きるとびっくりまたまた大量の雪が…

3月に入り気温がプラスになったりして春だよねと言ってた途端、真冬に逆戻り。おかげで今朝のおはようスノーシューイングは何処に言っても、雪だらけ…こんな朝は嬉しいの一言。

良い感じに午前はノーゲスト。

12030702

森の中は真っ白。しかもノートラックだらけ、気持ち良ーく滑ってきました。まだまだパウダー楽しめます。こないだからすっかり夏のことばかり考えてましたが、気持ちもまた冬に逆戻り…

12030703

午後はスキートレッキング。

雪が良くて、天気が良くて、最高のコンディション。こんな時にゲストがいるだけでホントに嬉しい!条件良すぎてもゲストがいなければ、僕はただ森の中を一人で徘徊している怪しい人なのですが…ゲストがいると森の中を案内している立派なガイドに見えてしまいます。

まだまだきっと良い雪に逢えるはず。

夏の準備は頭の中で留めております。

no comment
12022801

ぼくらが旅に出る理由

28.02.2012 in 未分類

12022801

ゲストの持ってきた1枚の写真。

96年3月24日、映っているのは25歳の僕とその時ゲストとして来てとても仲良くなったYちゃん6歳。当時、僕は然別湖でガイドとして勤務していました。クロスカントリースキーやスノーモービル、仲良くなりすぎて氷上露天風呂に一緒に入ったりも…それから16年。

12022802

6歳の女の子は22歳の女性に

25歳の青年は41歳のおっさんに…なっていました。

12022803

当時はお母さんと一緒にきた子も今回は感じよすぎる彼氏を連れて遊びにキテクレタのです。

旅に出る理由はホントにいろいろあります。

あれが食べたい。景色がみたい。何処かに行きたい。誰かにあいたいも…

僕らの仕事はそんな誰かになれるとても素敵な仕事なんだなと16年前の記憶と雪の中ではしゃいでいる彼女を見て、不思議な気分で今回はガイドをしていました。

そして、僕も続けていてよかった。ずっと来たかったと言ってくれたのに違う仕事していたら会いに来てくれないかもしれません。これからも僕は今の仕事をもっと続けたいと心から思ったのです。

12022804

帰りの車でIPODのシャッフルで流れたのは小沢君の「ぼくらが旅に出る理由」。

遠くまで旅する人たちにあふれる幸せを祈るよ

ホントにそんな気分で泣きそうになりました。

5 comment
12022701

雪が良すぎます。

27.02.2012 in 未分類

12022701

とにかく良い雪が降り続いていました。軽くてフワフワで美しくて…「雪は天からの贈り物」と仰った中谷宇吉郎博士もびっくりすぎるくらいたくさんの贈り物です。スノーシューで歩いてもこれまた気持ちが良すぎます。おはようスノーシューのゲストはインド人のゲスト。北海道が大好きなんだそう。こんなの歩いたらもっと好きになりそうだろうな…

12022702

軽くて深くて良い雪は滑るともっと良い雪に思えます。冬のシーズン初めて日曜日にフリーになり、我が家のパウダー大好きの子供たちとトマムスキー場で盛り上がってしまいました。写真は中学1年生タケルが撮った僕です。

12022703

こちらは小学5年生のヒジリが撮ってくれた僕です。二人とも写真を撮るのが大好きで彼らの撮った写真を見てはなるほどこんな視線もあるのかと感心しまくりなのです。

12022704

最後は屋根の雪下ろし。どんなに大変でも雪もう嫌だとは口にしません。こんなに雪と遊ばしてもらってのにいらないとか言ったら罰があたりそうです。こんな時はただただ無心に終わった時のビールのことだけ考えて…

今冬はこの贈り物ともう少し戯れそうです。楽しみ楽しみ…

no comment
12022101

吹雪すぎました。

21.02.2012 in 未分類

発達した低気圧がやってきました。

山は猛吹雪でした。

でも森には良い雪あると思い、朝一にスタッフのタイチを誘い滑ってきましたー。

12022101

午後はスキートレッキングが入っていたのですが、ゲストがこの風ではちょっと…「明日にして欲しい」と…準備万端な僕は折角着替えたのにもったいないので一人で森へ

12022102

吹雪すぎるのですが、森へ入るとさほどヒドイとは感じません。

久しぶりの一人歩きにスイッチ入ってしまい、黙々と歩いたり滑ったり、モモンガの痕跡見つけたりと収穫たくさんでした。

今冬はモモンガをばっちり写真におさえようと思っているので、お楽しみにー。

no comment
12021901

寒さをこんな感じで…

19.02.2012 in 未分類

あき竹城さんもびっくりするくらい今年の冬はさびぃなです。

そんな寒さを僕らはこんな感じで凌いでおります。僕らなりのこだわりスタイルです。

12021901

まずは通勤スタイル。リトルトリーかなやまチームは毎朝上下のダウンに身を包みます。こだわりは下のダウンパンツです。以前よりスタッフのタイチが愛用していまして、あんまり良いよと言うので試してみたら止めれなくなった次第であります。

12021902

続いてガイドスタイル①

僕が愛用しているのはアライグマの毛皮でできた「尻皮」というモノ。札幌「秀岳荘」のオリジナル商品。どこでもよっこいしょと腰を下ろしてもお尻が冷たくならない優れもの。ゲストにコドモがいる時は決まってお尻のしっぽを引っ張りたがるのが良い感じなのです。ちなみにこの「尻皮」、3種類あります。ヒグマは高すぎて、犬は身近すぎて…アライグマに落ち着きました。

12021903

続いてガイドスタイル②

15年以上前に買ったこの帽子。今冬は大活躍です。とにかく寒いので、顔や頭を毛皮で守るとホントに安心します。こちらはラビットです。LLbeanで買いました。ちなみにLLbeanは今年100周年を迎えます。メイン州にある本店は24時間年中無休です。様々なアウトドアスタイルに合わせて24時間開けるなんて素晴らしすぎます。ちなみにこの店店を閉めたことがあるのは1912年に創業したレオン・レオンウッドビーンの亡くなった日とケネディ大統領が暗殺された日の2回だそうです。

1999年に一度行きましたが、また行きたいなぁと思う今日この頃です。

12021904

最後に今日のお仕事。

韓国から10名の大家族が遊びに来てくれました。雪の中でオモニ(母)はとても楽しそうにしていたのが印象的でした。

2 comment