title

・北の暮らし

Ca3a2380

「ピクルスガーデン」

29.04.2010 in ・北の暮らし

Ca3a2380楽しみにしていた種の到着。今年のK’s kitchen庭は、「ピクルスガーデン」がテーマです。左上から時計回りに、‘アーティチョーク’‘丸にんじん’‘白ミニキュウリ’‘ロベジ’‘ミックスバジル’‘ガーリックチャイブ’‘イタリアンメスクラン’‘スイスチャード’‘芽キャベツ’‘ゴールデンラディッシュ’。まん丸いのは、ピクルス用。ゴールデンラディシュは比較的、生食でも甘い。芽キャベツは、ピクルスがまだまだ残っているので、今年はお料理用になります。昨年大好評だったミニキャロットのピクルスは、冬の前には食べつくしてしまったので今年は多めに作ります。マウンテンセロリーとも呼ばれているロベジ、セロリよりも一段と香りがあるそう。加熱しても香りが飛ばないので、上手く育ったら葉を乾燥させて、冬のスープ用に使います。ガーリックチャイブは、ガーリックバターにも最適。スイスチャードは、ベビーリーフでいただくと彩りも良くてサラダが華やかになりそうです。

大きなスコップ1本で耕せる、我が家の小さな小さな畑。でも、ひと冬分のピクルスを育てるには十分なサイズ。我が家の暮らしには、ちょうど良い感じです。

no comment
Ca3a2216

「フワリユキ」

03.03.2010 in ・北の暮らし

Ca3a2216今日は、朝から久々の雪景色。1日中降りそうな勢いで、すでに30㎝ほど積もっているよう。

ホウキで掃いてもフワリと舞う軽い雪は、綺麗な結晶で今も降り続いています・・・ 

やはり北国の春は、まだ先のようですね。

2 comment
Ca3a2201_2

「着々と」

28.02.2010 in ・北の暮らし

Ca3a2201_2着々とパッキングされる風景。真空パック→冷凍庫へ。1年間大切にいただく美味しい美味しい豚肉、肩ロースはキャンプツアーのローストポークなどになる予定。5、6月のキャンプは旬の山菜やこの季節ならではのグリーンアスパラ、ホワイトアスパラと共に、こちらの豚肉もいただけます。今年はその他にも自家製マーマレードに漬け込んだスペアリブ(美味しいレシピを教わりました!)もキャンプの新メニューに登場予定。こちらは、かなり絶品です。Ca3a2206

大好評の‘空知川バーガー’も、粗挽・中挽・細挽と、こんな感じで美味しさUPの予感です。キャンプツアーをお待ちの皆さま、今年もどうぞお楽しみに!

no comment
Ca3a2181_2

「休日の十勝岳にて」

24.02.2010 in ・北の暮らし

Ca3a2181_2
日曜日、十勝岳にて。久しぶりに家族一緒に山スキー。こんなに青空、前日に降ったふかふかな雪、申し分ないシチュエーションにもかかわらず・・・三段山・二段目手前にて家族でモメはじめてしまって(お恥ずかしい話、guide’s roomでも話していますけれども。)・・・一気に強風にあおられたりと、なかなか波乱の休日なり。けれども、山のお天気のように皆の心もコロコロ変わり、スキーで軽快に滑り出し、降りた頃には家族4人が笑顔笑顔!この後は、もちろん白銀荘の温泉プールでゆっくり遊んで1日を大満喫。こんな大自然の中、まったく、一体何に腹を立てていたのやら・・・K’s kitchen、笑いながら反省をした休日でした。
Ca3a2185
 
Ca3a2184

no comment
Ca3a2170

「ダバダバダ♪ダバダバダ」

15.02.2010 in ・北の暮らし

Ca3a2170先週は、GestWeek。友人、知人が入れ替わり訪れてくれて、我が家はなんだか大賑わいでした。カメラマンの有人氏、四万十塾のとーるさんは、連日、よなよなダバダでダバダ。こんなに楽しい夜ですもの、もちろんK’s kitchenも久々の夜更かし。高校時代の友人達も仲間入りで、2升のダバダはあっという間に空いてしまいました。(次の日、小学校がお休みで本当に助かった!)
ところでこちらのダバダ(栗焼酎)、地元用に販売されているリサイクル瓶タイプなのだそう。色々な色の瓶に飾られて、ちょっと可愛らしい。後から贈っていただいたモノは、透き通る濃い青色が美しくて箱を開けた瞬間に思わず喜びの声が。こういうちょっとした事に幸せを感じている今年の冬です。(写真手帳もちょこっとね。)

もうひとつguide’s roomも、まとめてUP。

 

 

no comment
Ca3a2110

「氷の世界」

05.02.2010 in ・北の暮らし

Ca3a2110今週は極寒Week。隣村、トマムリゾートのある占冠村では昨日の最低気温が-34℃と、今年一番の冷え込みだったそう。
Ca3a2124
そして我が家もあらゆるものが凍っています。水周り、台所シンク下の排水溝、洗面所の水滴、廊下に置いていた長ネギもカチンコチン。降る雪もそうなのだけれど、やっぱり北国暮らしを一番実感するのが、こうした生活の一部が凍ってしまうところなのよね…と、つくづく思うのです。寒さのせいか、ここのところうちの金魚も動きがゆっくりになっていて、陽のあたる昼間にはピクリともせず眠っている様子。この寒さ、もうしばらく続くそう…。
Ca3a2132

窓には、極寒Weekならではの氷の造形。あぁ、、、寒さ≒美しい。 

1 comment
Ca3a2082

「豚肉料理日記帳」

25.01.2010 in ・北の暮らし

Ca3a2082先日、SALTにて購入した薄いお手帳。表紙にお肉の部位が書かれています。 

もうじき、我が家にもこんな感じのお肉(豚1頭50kgほど)がやってきます。バラ肉は、ベーコンと煮付けに。ロースはハムやとんかつに。肩ロースはローストポークに。細切れはカレーやトマト煮、チリビーンズに。残るミンチはハンバーグ、テリーヌ、ミートソース、餃子、シュウマイ、ラザニアにミートローフなどなど。あぁ、考えるだけでとても幸せ。早いところ冷凍庫のスペースを開けておかないといけません。

 

・・・このお手帳、どうも「豚肉料理日記」になりそうです。

no comment
Ca3a2063

「今日の窓から」

19.01.2010 in ・北の暮らし

Ca3a20631月19日火曜日。午前9:18分、今日の窓から。 

昨晩に降りてきた雪が、木々の上にのっかって、あちらこちらでキラキラキラキラ、とても眩しい。 

今日の午後になると、気温の上昇にともない、いつの間にか細枝の雪は溶けてなくなていることでしょう。 

Ca3a2064
今日は、気持のよい青空な1日になりそうです。

no comment
Ca3a2031

「寒中お見舞い申し上げます。」

10.01.2010 in ・北の暮らし

Ca3a2031すっかり、新しい年のごあいさつが遅くなってしまいましたが、皆さま、いかがお過ごしでしょうか。今日のこちらのお天気は曇り。時々、小雪がちらついています。 

冬の晴れた日には、碧い空と、白い雪、ときおり流れる冷たい風が、まるで1枚の布フェルトの様に、ふわふわな淡い世界を作り出していて、雪の国ならではの世界が広がっています。どうぞ、この1年も皆さまにとって、良き年でありますように。

さて、年末年始もずっと雪のプログラムを行っているリトル・トリー。今年も沢山のゲストと一緒に、雪の森へ出掛けることができました。訪れてくださった皆さま、心からありがとうございます。これから訪れてくださる皆さまも、雪の世界でお会いできることを楽しみにしています。2月はさらに北国らしい寒さの季節となりますので、十分温かな服装でいらしてくださいね。お待ちしています。

Ca3a2045
私はというと、昨年暮れに他界した祖父に最後のお別れを告げるべく、年始は長野県へ行っておりました。両親の田舎、長野県開田高原は、子供の頃、お盆になるとよく帰省した懐かしい場所。真冬に訪れたのは、おそらくこれが初めてでしょうか…。1月初めの寒さは厳しく、北海道と同じような粉雪が舞っていましたが、集まった人は皆温かく、人と人の交わりの心地よさを強く感じた年の始めとなりました。 

人の温かさと感謝の気持ちを心に浮かばせて。この1年も良い年にしたいなと思いながら、今日もツアーのパンを焼いています。 

今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

2 comment
Ca3a2001

「いよいよ年末ですね。」

21.12.2009 in ・北の暮らし

Ca3a2001今年もついに、この季節がやって来ました。トマムリゾートで行っているリトル・トリー冬のプログラム(/)用のランチの仕込み。昨日までに、南瓜11個を大鍋で煮てペーストに。これは、かぼちゃのスープになる予定です。このようにペーストにして冷凍保存しておくと、南瓜のチーズケーキや、南瓜プリン、南瓜クッキーや南瓜パウンドなどなど、色々と使えて便利です。北海道に暮らしてからというもの、嬉しいことに‘思わぬ時期に、思わぬ量の、思わぬいただきもの’に触れる機会が沢山あります。ジャガイモや大根などは、ひと冬分いただくことも。季節のお野菜も上手に保存しないと傷んでしまうので、食べきれない分はこのように下処理をしてから保存をしたり、ピクルスやお漬物にして、とにかく保存してしまいます。 

Ca3a1998
昨日は、札幌のやぎやさんから年末ギフトが届きました。美瑛町の歩人さんからも、冬のプログラムランチ用のソーセージが沢山到着して、いよいよ師走も大詰めです。年末年始、冬の北海道で皆さんとまたお会いできる日を楽しみにしていますね。プログラムへ参加される方は、どうぞ温かなスキーウェアーでお越しください。 

真っ白い冬の森で、温かいランチを用意してお待ちしていますよ。 

Ca3a2002
我が家も今日は、ソーセージな夕食。
・ホワイトフルタ(カシスマスタード)
・フランクフルト(粒マスタード)
・ハーブソーセージ(バジルマスタード)
・人参と、山ウドのピクルス&レタス
・南瓜のチーズグラタン
・アドナイチーズ
・カンパーニュ
・ビール
※ソーセージには、色々な種類のマスタードをつけていただくと、なお美味しい。

1 comment