title

・北の暮らし

Ca3a14070001

「房なりカシス」

05.08.2009 in ・北の暮らし

Ca3a14070001庭に植えたカシスの苗。植えてから5年ほどが過ぎました。1年ごとに、つける実は大きくなり、今年は沢山の黒玉が収穫できました。小さな鍋でコトコト煮詰め、ジャムにしておおよそ2瓶。 

貴重な貴重な今年のカシスジャムです。

ラズベリーのように色っぽすぎず、ハスカップのように独特でもなく、ブルーベリーのように食べなれているわけでもない、こちらのカシス。
房なりに実を付けるカシスの苗を眺めては、「北国に暮らしていてよかった」と、毎年感じてしまうです。

no comment
Ca3a14290001

「キラキラ」

02.08.2009 in ・北の暮らし

Ca3a14290001雨ふりだった今日。庭には、天からのお届け物が。 

大きな大きなくもの巣。晴れたきのうに、取ってしまわなくてよかったです。 

美しい。

2 comment
Ca3a14090001

「針仕事」

30.07.2009 in ・北の暮らし

Ca3a14090001 最近のK’s kitchen、電話番の合い間をぬって、しばらく進んでいなかったミシン作業にいそしんでおります。  
型をとってしまえば、あとは縫うだけ。1枚の布から、自分の好きな形の洋服やカバン、身の回りのモノを作ることができる針仕事は、やはり大好き。幼稚園の頃、私に針と糸の使い方を教えてくれた祖母には、とてもとても感謝です。小さな頃に教わったことは、大きくなってからも、体や指先が覚えているもの。どんなことでも、経験とは大切ですね。 

Ca3a14100001_3
Ca3a14170001_3
 
今回のは「hom spun」のワンピース。 
もう少しで仕上がります。 

 

Ca3a14150001
今日のひとコマ。夕食前のミーティング風景。 
(さ)「明日の夕暮れ便ジャンケンね。勝った人が、明日3本(ネイチャーラフトボートに)乗るの☆」  
(あ)「えッ!勝った人?!」 (いつものリアクションで)
(や)「う~ん、ドキドキするな。。。」(同じく、いつものリアクションで)  

ジャンケン後、あっち君は早々にいち抜け。ドキドキの結果、最終的に勝ったのは、聡さんです。みなさん、お疲れ様です。 Ca3a1414
 
今晩は、ライスグラタンと具沢山スープです。 

ちなみに、

(さ)…聡、(あ)…あっち君、(や)…ヤマネ君ですよ。 

 

no comment
Ca3a1397

「ダークチェーリー、私の思い出・・・」

27.07.2009 in ・北の暮らし

Ca3a1397夜寝る前に仕込んだ生地を、翌朝冷蔵庫から取り出します。今回のデニッシュ生地は、この段階でかなり膨らんで(発酵して)しまいました。どうやら、捏ねが多すぎたよう。それに加えて、この日もよく電話が鳴ってくれる(K’s kitchen、只今電話番長!)ので、その度に生地は常温で休んでしまい、結局、のびのびのデニッシュとクロワッサンに焼きあがってしまいました。 
Ca3a13940001_2
それでも、味は最高です。自家製のカスタードが、やはり良い味。台所でダークチェリーの種を取りながら、頭の中はちょっとだけ、うわの空。。。学生の頃、バレエの先生から体重増加を怒られながらも、こっそりこっそり食べ続けた、アンデルセンのダークチェリーパイを思い浮かべて、心はもうドキドキです。焼き上がりをおもむろに一つ、いただきました!コレコレ~私の食べたかったのは~! 
この日は、上機嫌の1日に。食べ物の思い出って、やっぱりすごいですね。

2 comment
Ca3a1359_2

「沖縄マンゴー」

23.07.2009 in ・北の暮らし

Ca3a1359_2 沖縄からの嬉しい贈り物、完熟マンゴー!我が家は最近、美味しいモノに溢れています。

2年前の秋。本州から、1冊のクウネルを頼りに我が家に突然やって来た‘風来坊のアラタ君’。おそらく、色々な気持ちを抱えやって来たのだろう彼は初対面にもかかわらず、アウトドアガイドというコトもあってお仕事を手伝ってくれたり、キャンプのスタッフになってくれたりと、ややしばらく同じ釜の飯(?)を食べたのでした。あれから2年、出会いとはイキナモノで、その後も彼は年に1度、大事に私たちと連絡を取ってくれるのです。こんな風に甘いマンゴーの詰まった箱と共に。  

今では、沖縄にてアウトドアツアーを行う会社を設立し、すっかり風来坊ではなくなったアラタ君。でも、その話を聞いて、皆、とても嬉しい気持ちでいっぱいになりました。一生懸命お仕事をして、いつの日か彼のツアーに参加してみたいと思うリトル・トリーです。

earthship okinawa アースシップ沖縄

南の国へ行かれる方は、ぜひ!料理上手な彼の作るプリンは、最高に美味しいですよ。

no comment
Ca3a13350001

「白馬堂OPEN」

20.07.2009 in ・北の暮らし

Ca3a13350001先日、我が家の郵便ポストに入っていた可愛らしいハガキ。差出人は、聡さんの友人でAVN(アドベンチャーバケーションネットワーク)のお仲間、浅野晴良氏こと、あさやん。

この度、お店がOPENするそうで、そのお知らせを届けてくれました。

 

 

 

裏面には、このように書かれています。

‘アウトドア・ライフスタイルのお店「白馬堂」

六甲山の麓、阪急六甲に開店します。

これからハイキングを始めてみたい方、六甲山が好きな方、

昔の白馬堂をご存じの方、皆さんのお越しをお待ちしています。’ 

Ca3a1337

 

近くにお住まいのみなさま、どうぞ、足を運んでくださいね。

今日、7月20日 OPENです。

www.hakubado.com

no comment
Ca3a1347

「夏休み」

18.07.2009 in ・北の暮らし

Ca3a1347くるくると変わりやすいお天気の北海道。昨日はカラリと晴れ、気温も29℃を差していましたが、今日は小雨が降り気温は16℃。暑かったり寒かったりで、体はちょっと忙しい気もするのですが、これもメリハリ。この夏も、曇りの日はお家でお仕事、青空の日はジャンジャン外で遊びたいなと思うK’s kitchenです。

さてさて、いよいよ今日から夏休みが始まりますね。北海道の小学校も来週末から夏休みに入りますが、我が家の子ども達はひと足早く休みに入り、今日からなんとむっちゃんの住む南国・屋久島入りです。皆既日食を観るという羨ましい大仕事(!)をしてくるそうで、息子はワクワク気分でしっかりと準備をしていましたが、娘はいまいち分かっていないようで出発ぎりぎりまで沢山の本やら、たて笛やら、お人形の洋服やらをカバンに詰め込んで、まるで引越しのような準備をしていました。子ども達は8月始めまで南の島でバカンス!小麦色に日焼けして帰ってくるのが目に浮かぶようです。

リトル・トリー&K’s kitchenも、今週末からいよいよ夏休みのお仕事モードに突入いたします。ガイドチームはボートで川を下り、カヌーで湖に浮かび、ロープで木に登り、ノリとハサミでクラフト作り。。。と大忙しの夏ですが、K’s kitchenもできる限りのサポートで、この夏を乗り切りるつもりです。明日から毎晩、我が家にて「まかない夕ごはん」も始まります。北国で暮らすアウトドアガイドの夕食を、こちらでも時々UPいたしますよ。ちなみに明日の献立は、煮込み牛スジ肉入りカレーの予定。ビールで煮込んだスジ肉は、驚くほど柔らか!です。カレーが食べたくなるような暑い夏が来ることを願って。

Ca3a13250001
それでは、この夏も沢山の方にお会いできることを、リトル・トリースタッフ一同、楽しみにしています。

皆さま、どうぞ良い夏をお過ごし下さい!

3 comment
Ca3a13530001_2

「ラベンダー」

16.07.2009 in ・北の暮らし

Ca3a13530001_2今日は、午前中シトシト雨。午後から日差しが戻り、夕方頃には久しぶりにオレンジ色とピンク色の雲が広がる美しい夕焼け空になりました。

こちらは我が庭のラベンダー。いつの間にか花が咲き始めていたので、あわてて刈り取りをしました。いつも蜜を採りに来ていた蜂達には申し訳ないのだが。。。我が家もしばらくの間は、ラベンダーの香りにつつまれるかしら?

no comment
Ca3a13310001

「小さな畑では」

13.07.2009 in ・北の暮らし

Ca3a13310001我が家の小さな畑では、今、ディルの花が咲きそうです。
黄色い花、嬉しい嬉しい。

ハーブの葉は、ピクルス用に使うことが多いです。
特に、ディルやフェンネルの葉っぱは。
少し散らして、スープのアクセントにもなります。

花の後の種も楽しみです。
ディルシード、フェンネルシードは、乾燥させて瓶につめて、
お肉やお魚のスパイスに。

去年は、キアゲハの幼虫に、ディルをよこどりされてしまいましたが、今年は数本植えているから、きっと大丈夫でしょう。

no comment
Ca3a1302

「果実酒」

12.07.2009 in ・北の暮らし

Ca3a1302 こちらは、昨年の秋に作った‘りんごのお酒’。あかねりんごのジャムを作るときに、沢山の芯が出るので、それをリカーにつけてみました。Ca3a13030001
じつはこれ、果実酒を作る要領と同じです。最近になってのぞいて見たら、いい具合に飴色に。
水割りや炭酸でいただくと、これまた美味しいお酒になります。

Ca3a13040001_2
そしてこちらは‘黒糖梅酒’。なかなかの色合いで、体にも美味しく響きそうな味わいのお酒に仕上がりました。

no comment