title

BLOG

Photo

「サリーのこけももつみ」

03 7月 2008, by in ・本と絵本

Photo  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ロバート・マックロスキー作の「サリーのこけももつみ」という絵本があります。おかあさんとサリーがバケツを持って、こけももやまへ行き、こけももを摘んでいると。。。おもしろい出来事がおこる、可愛らしい絵本。ページをめくると、色のない、白黒の世界が広がっていて、読んでいるうちに、‘こけももやま’へ引き込まれてしまいます。この本が読みたくなるのは、いつも夏。なぜかというと、夏のこの時期は北海道のあちらこちらでも、ベーリーが沢山採れるのです。そして、我が家のそばも幸せな季節がやってきました。近所の農園では苺の収穫も始まり、家の庭の苺も真っ赤っか。株を変えずに放っておいた我が家の苺は皆、たくましく、大ぶりに、甘く甘く育っていました。 

Photo_5
Photo_6
Photo_7
Photo_8
 

 
 
 
 
 
 

ハスカップを摘みに近所へ足を運ぶと、ちょうどよく色が付いて、ふっくらと房なりに。気持ちの良いお天気の中、湖から来る風に吹かれて、いよいよ楽しみな季節がやってきたことを実感するK’s kitchenです。お鍋いっぱいのハスカップ。そのまま食べると苦味もありますが、ジャムやソースにすると、それはそれは最高に上品な味になります。お砂糖を加えてお鍋でコトコト。。。色もツヤも綺麗なハスカップのソース。もう少し煮詰めるとジャムにもなります。

 

Photo_9
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

絵本の中で、おかあさんが話す言葉に共感。「こけももをつんだら、うちにもってかえって、ジャムをたくさんつくりましょう。そうすれば、ふゆになって、たくさんジャムがたべられるからね。」 

Photo_10

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

苺に、カシス、さくらんぼ。グズベリーに、ラズベリー!おととし見つけた山桑の木も、そろそろ真っ黒な粒を実らせている頃でしょう。K’s kitchenの冬支度もこれから。そろそろ台所も、いそがしくなっていきます。

2 COMMENTS
  • エゾモモ 返信
    「サリーのこけももつみ」は我が家も持っている絵本です。 北海道はこの絵本のように、色んなベリーが摘めるのでいいですよね♪ 今年は我が家の庭に念願のハスカップとグズベリー、カリンズの苗を植えました。 家の裏にはナワシロイチゴが元気に生えています。 ヤマグワは昨年、美々川をカヌーに乗りながら、 食べていました。今年もまたしたいな~。 ハスカップの季節になりましたね。 苫東の原野でハスカップ摘みをしてみたいな~と思っています。 明日は壮瞥にイチゴ狩り(サクランボ狩りがまだなので、変更になりました)に会社のツアーで行ってきます。 イチゴジャムでも作ろうかな~。 ハスカップが近所で摘めるなんていいですね♪
  • エゾモモさん 我が家の庭にある、カシスは黒々と房なりになっています。それでも今年は、さくらんぼの実があまり生らない、と知り合いの農家さんが話していました。春先に、霜にやられてしまったそうです。その年の天候によっては、楽しみにしていた食べ物もいただく事ができないのですね。。。さくらんぼ酒は、また来年に期待です。美々川のコクワ、美味しいですよね。こちらは秋頃が楽しみですね。

LEAVE A COMENT