title

BLOG

Photo

「蜜蝋キャンドル」

12 3月 2008, by in ・北の暮らし

Photo  

 

 

 

 

 

 

 

  

  

 冬の間、ときどき作っていた蜜蝋キャンドル。お家のストーブの前に座りながら、ゆっくり行う地味な作業なのですが、これが思いのほかハマッてしまうのです。

Photo_2 Photo_3
 

 

 

 

空き缶に蜜蝋のかけらを幾つか入れて、湯せんにかけて溶かします。その中へ紐を入れます。はじめは、ポッキーのように細い。

Photo_4 Photo_5
 

 

 

 

何回か蝋に浸すうちに、程よい太さに変身。手間がかかるようにも見えますが、蝋が乾くのはあっという間なので、7~8回浸せばこの様な感じに出来上がります。

毎年毎年たくさん作って、いつの日かこのキャンドルの灯りで、皆さんを素敵におもてなし出来るような、温かい小さな空間と場所を作ることが、私のこれからの夢でもあります。蜜蝋のキャンドルは、やさしい炎を吹き消した時に、部屋中に広がる甘い香りがたまらなく良いのだと、ターシャ・テゥーダーの本にも書いてありました。今年のキャンプツアーの夜長は…大きなテントの中で、このキャンドルを作りながら、おしゃべりをしているゲストの皆さんの姿が思い浮かんでくるようです。

7 COMMENTS
  • ニコママ 返信
    う~ん、蜜蝋作りもやってみたくなりました~。甘い香り、想像しただけでとろけそうです。
  • ニコママさん キャンプの夜長は、しっとりと「蜜蝋キャンドルナイト」ですよ。
  • 匿名 返信
    大草原の小さな家、で確かこんなシーンありましたですな
  • 匿名 返信
    農場の少年だったかも ローラインガルスワイルダーのです
  • ななしのごんべさん 「大草原の小さな家」は、私が小学生のころ毎週観ていたTVでした。あの薄茶色い、淡い色の世界は、瞳にも心にも優しいモノでしたね。そんな世界が、今は私のすぐ側にあるような気がしてなりません。いつの日か、遊びにいらしてくださいね。
  • 秋山麻衣 返信
    おぉ。素敵なろうそく! もうすぐ春ですね! グリーンシーズンが楽しみです。
  • 秋山麻衣さん こんにちは! グリーンシーズン、もうじきです! ジワジワと、プログラムの構想を練っております。 ろうそくも作りましょう! 今年も楽しい時間をご一緒に☆

LEAVE A COMENT