title

BLOG

Ca3a0268_2

「春の調味料造り」

16 5月 2011, by in ・お料理

Ca3a0268_2春の山菜、アイヌネギ(ギョウジャニンニク)。葉や茎からは、野性味溢れるニンイクの匂いがたっぷり。たまらなく、食欲をそそります。この匂い、冬の間も恋しくなる我が家では、こうして調味料にしています。 
Ca3a0267_2 葉の閉じたスリムなものは、並べて小分けして冷凍保存へ。葉の大きく育ったものは、細かく刻んで瓶に詰め込み、お醤油漬けに。1年間、お醤油を継ぎ足して来春までもたせます。香りの移ったお醤油は、炒めご飯の味付けやパスタソースのベースに、そしてドレッシングにも使えます。 
Ca3a0272_2_2 さて
こちらは、お酢に漬けたアイヌネギ。にんにくの匂いのするビネガーが出来上がります。サラダにふりかけたり、水餃子や生春巻きの付けだれには、もってこい。 

こうして刻んで漬けた葉っぱは、思い立ったらそのまま餃子や肉団子の具材にもなるので、日々のお料理のちょっとした手抜き技にもなったりしますね。それもこれも、手の抜けない調味料造りがあればこそ。今年も、こうして北の春が訪れてくれたことに、本当にありがたい気持ちでいっぱいです。 

「アイヌネギのお醤油」

・用意するもの / 各家庭に合う、程良い大きさの瓶。我が家は約900ml瓶で1年分をまかないます。

・お醤油(お好みのモノを。塩分が気になる場合は減塩醤油を。白醤油を使うのも面白い。)

・アイヌネギ

①アイヌネギを刻んで、瓶に詰め込む。

②お醤油を瓶いっぱいに注ぎ込む。

③蓋をして、涼しいところに保存。特に暑い夏場は冷蔵庫などが良いでしょう。(1週間程で香りが移ります。)

※ビネガーも、同様に。(こちらは、タカノツメも入っています。) 

Ca3a0275_2

 

LEAVE A COMENT