title

BLOG

Ca3a2566

「夕焼けこやけ」

04 6月 2010, by in ・北の暮らし

Ca3a2566夜19:00、富良野市山部の夕焼け空。太陽の沈む時間が日ごとに遅くなっています。やはり北国ですね。まるで冬場の太陽を取り戻すかのように、夏は1日の24時間が長くなっていくようです。 

息子を剣道に送った帰り道、偶然出逢ったこの空。あまりにも美しかったので、ちょっと車を止めて眺めることに。沈む太陽の茜色が空を薄紫色に染めていて、なんだか怪しい色合い・・・田んぼでは、蛙の子が一斉にゲコゲコと鳴いていました。  

 

今日から、ガイドチームは道北の道立自然公園朱鞠内湖(シュマリナイコ)にて2泊3日のキャンプツアーです。今年は、雪も多かったので、湖は満水。素晴らしい景色が広がっているそうです。

※道立自然公園朱鞠内湖情報…こちら

LEAVE A COMENT