title

BLOG

Applecinnamonjam2

「シナモンと林檎のジャム」

08 3月 2008, by in ・レシピ

Applecinnamonjam2 

   

 

 

 

 

 

 

 

  

 3月に入り暖かい日がつづいています。もうじき、日本のあちこちから春のお便りが届きそうな、穏やかなこの頃ですね。先日、富良野のスーパーでは桃の花が売られていました。1束買って家に帰り、花瓶にさしています。北海道は、まだまだ雪の中ですが、ちょっとづつ、我が家も春のおすそ分けをいただいて、ほんわか気分になっています。
気温が暖かくなってきたこともあって、今日は家の奥にある貯蔵部屋の整理をしました。貯蔵部屋というのは、冬の間、野菜やお味噌、果物なんかを置いている小さな部屋です。ちょうど良い涼しさで、お酒やワインなどもそこにあります。

Applecinnamon_jam_2Applecinnamon1_2 Applecinnamonjam Applecinnamon Photo  片付けをしながら、残っていた林檎を取り出し、今日はジャムを作ることに。用意するものは、林檎(ふじ)、砂糖、シナモンと、あとからローリエを。いただき物の無農薬レモンもせっかくなので入れてみます。作り方は、先月号の雑誌に美味しそうに載っていた、「エバジャム」さんのレシピを参考に。いつも作る「あかねりんごのジャム」とは、ひと味違っていてスパイスの効いた、なんとも美味しいジャムが出来上がりました。Takeru工房のハンコを押して、手書きの文字を添えて…新しいジャムの完成。焼き菓子に入れても美味しそうなこのジャム、いつの日か皆さんのお口の中へ入る日を待ちわびながら、貯蔵部屋へ寝かせます。Photo_2

4 COMMENTS
  • ニコママ 返信
    こんにちは!毎度ニコママです。ふじでジャムを作ったとき、なんとなくしまりが無い感じに仕上がって物足りなかったのです。シナモンとローリエで再度挑戦してみます!千葉は梅の花が全開です。まだコートは手放せませんが、ぽかぽか陽気のこの週末、冬って本当に短いんだなあと思いました。一面の雪景色は記憶の中ですが、名残があると惜しまれるものですね。あの雪がどんな風に消えて、一面の緑がどう生まれてくるのか、それも見てみたいです。。。風邪など召されませんよう。
  • ニコママさん こんにちは。こちらは、今日もぽかぽか陽気でした。 春が来るこの時季は、いつも気分がソワソワ。雪が融けると、道のあちらこちらに水が流れ込みます。地面の土が見え始めて、陽の当たる場所では、草が顔を出はじめます。ゆっくりですが、毎日変わるその景色を見ていると、心にもメリハリがつき、新たなシーズンを迎える準備ができてくるのです。冬の厳しい環境も、そんな春を迎えるために必要なスパイスなのかも知れませんね。フジ林檎のジャムは、こちらもスパイスがきいているので、ヴァニラアイスに添えると、とっても美味しいと思いますよ。
  • もこ 返信
    ご無沙汰です! こちらではあちこちの家に夏みかんがすずなりで、先日たくさんもらったので、我が家はちょっと苦めのマーマレード三昧です。ちょうどふじがごろごろしてるので、挑戦してみようかな。 ところで、写真のうしろのほうにちょこっと写っている「中双糖」って何でしょうか。初めてききます。うちではビートグラニュー糖をよく使いますが、原料はビートですか?
  • もこさん こんにちは、お久しぶりです! あっという間に、もう春ですね。我が家も柑橘系の果物が沢山届いています。本州の暖かさを感じずにはいられませんね。「中双糖(ちゅうざらとう)」とは、ビート糖から作られているそう。一般にある、上白糖やグラニュー糖と同じようなものですが、めは粗いですね。茶色なのは、カラメルが吹き付けてあるからです。お料理に使うとコクがでるそうですが、私は、このお砂糖を、主にアイスボックスクッキーの生地の周りに付けて、焼いています。綿菓子や、カステラなどにもよく使われていますね。

LEAVE A COMENT